バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021

バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021

2021年5月25日(火)~5月31日(月)まで「バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021」が開催されていたので、参加してみました。このイベントは、渋谷区公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」のエリアを拡張したもの。

前提:「バーチャル渋谷」とは?

渋谷区公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」といえば、2020年5月に開催された「攻殻機動隊 SAC_2045」のコラボなどで大きな話題になったのでご存知の方も多いのでは?

こちらが当時のイベントの様子。渋谷のスクランブル交差点が「攻殻機動隊 SAC_2045」でジャックされて、作品中に登場するタチコマに出会えたり、バーチャル渋谷上でオープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」が催されたりしました。

「バーチャル渋谷」は「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」というプロジェクトの一環で、渋谷区だけでなく、KDDI株式会社や、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業50社で組成されています。

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトとは

5G時代を迎えた渋谷にて、エンターテイメントに特化したテクノロジーを駆使し、街をアップデートしていくプロジェクト。多様な個性が集まり、常に新たな文化を生み出してきた街・渋谷。この街のコンセプトに賛同したKDDIと、渋谷区観光協会・渋谷未来デザインが共に、テクノロジーやオープンイノベーションで街の進化を加速させるべく発足。エンターテイメント領域を中心に、新たな文化の創出や観光面での魅力的な街づくりを推し進めます。

https://shibuya5g.org/

昨年からの新型コロナウイルス感染症の影響により、人々の行動や活動が制限されるなか、自宅から渋谷にアクセスでき、イベントに参加できるようにするために「バーチャル渋谷」が2020年5月19日にリリースされました。当時、私個人オンライン配信のライブではなく、バーチャル上のライブやイベントにアバターで参加する、という新しいプラットフォーム「Cluster(クラスター)」に興味を持っていたので、とても楽しみにしていたイベントでした。そしてタチコマに出会えたのは本当にテンションがあがりました!

あれから早1年、コロナウィルスはまだ終息を迎えられていません。ワクチン接種が徐々に進みつつはあるものの、人々の行動は制限されたままです。私も記憶の限りでは、コロナ禍で原宿エリアには行った記憶がないです(代々木公園には行きましたが)。今回の「バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021」は、「バーチャル渋谷」の1周年を迎えるタイミングで第2弾イベントとして開催されました。

ラフォーレ原宿前の「神宮前交差点エリア」がイベントの中心

ラフォーレ原宿と東急プラザ表参道が向かい合う「神宮前交差点エリア」

こちらが実際のイベントの様子。ラフォーレ原宿と東急プラザ表参道がある神宮交差点エリアが今回の部隊です。原宿のポップなイメージが表現されつつも、街並みも忠実に再現されています。

バーチャルラフォーレ原宿の入り口
各ブランドのスタッフスナップコレクションが出現

ラフォーレ原宿に入店することも可能。各ブランドのコーディネートが展示されていました。ラフォーレ原宿には学生時代はよく行きましたが、社会人になってから行った記憶がないので、バーチャルなのにドキドキして、少し居心地の悪さを感じました。

今回のお目当てはアトモスバーチャル初出店の「atmos Virtual Harajuku」

今回の「バーチャル原宿」を見ようと思ったきっかけは、原宿の人気スニーカーショップの「atmos」が今回バーチャル初出店するのを知ったから。VRコマースが今後伸びるだろうと言われているので、実際どのような様子なのか見てみたかったのです。

煌々と輝く「atmos Virtual Harajuku」

お店の看板
全体像
真ん中に鎮座するのが、その日購入できる限定の商品

あまり仕組みを調べずに行ったのですが、商品は「バーチャル原宿」限定商品で、日毎に購入できる商品が異なるようで、私が来店した日はこちらのオレンジのスニーカーでした。正面中央にある、青字の「購入する/BUY」ボタンをクリックすると、Clusterからブラウザが立ち上がり、購入できるという仕組みでした。

今回この「atmos Virtual Harajuku」経由でどれくらいの商品が売れたのかが、とても気になるところです。最近周囲でもOculus Quest 2がとても流行っており、VRコマース元年がきたときに困らないように引き続きキャッチアップしていきたいと思います。

おまけ:アバターが可愛く進化

また1年前の「攻殻機動隊 SAC_2045」のときはアバターはCluster固有のものだったと思うのですが、今回は原宿らしいポップなキャラクターから選べて、世界観を保つ工夫がされていました。私はアイスクリームにしましたが、他にはポップコーンもいました!(他にもいたかもしれませんが記憶になく…)

後ろ姿が可愛いアイスクリーム
Scroll to top